やしきの屋敷

大手メーカー技術職の書く雑記。主にファッションと美容。

モテるマンガはタメになって面白い!5巻(最終巻)まで読んだ感想

「モテるマンガ」って知ってますか?
なんてストレートなタイトルなんだろうか、と思いましたよ。

読めばモテるようになるのだろうか?
どうせタイトル詐欺だろう…

とはいうものの、モテたい僕は半信半疑で「モテるマンガ」を読みました。

 

それからというものの、モテまくりです!

狙った女の子を落とすのはもちろんのこと、街に出れば逆ナンされまくりです。
モテるようになってからは自分に自信がつき、日々充実しています!!

週末は女の子を左右に抱えながら札束風呂に入るのが習慣です。

 

「モテるマンガ」で人生変わりました!!!!

 

ということで、今回は皆さんに「モテるマンガ」の素晴らしさを紹介したいと思います!

(※モテるマンガの効果には個人差があります)

 

モテるマンガとは

モテすぎて拘束されてしまった女多 幸(おんなだ こう)が100回フラれるほど絶望的にモテない主人公をモテさせるお話です。

 

f:id:yashikihomes:20171229165534j:plain

出典:モテるマンガ第1回(https://yusb.net/man/894.html




なんてぶっとんだ設定なのだろうか…

その名の通り、モテるための恋愛指南本となっています。

原作者は「マンガで分かる心療内科」で有名なゆうきゆうさんです。
「マンガで分かる心療内科」はアニメ化もされているので、知っている人も多いと思います。

 

他にも「マンガで分かる肉体改造」や「マンガで分かる逆転発想勉強術」などシリーズ化されています。

(なぜ「モテるマンガ」は「マンガで分かるモテる方法」ではないのだろうか…)

 

ゆうきゆうさんは漫画原作者でありながら、精神科のお医者さんでもあります。

そのため、「モテるマンガ」は具体的なモテるためのテクニックよりは、モテるための考え方に重きを置いています。

 

だから

「考え方はいいから手っ取り早くモテる方法を教えてくれ!!」

という人には向いていないかもしれません。

(まあ、作中にはそういうキャラが出てくるけどね…)

 

f:id:yashikihomes:20171229172821j:plain

出典:モテるマンガ第2回(https://yusb.net/man/1030.html



f:id:yashikihomes:20171229172841j:plain

出典:モテるマンガ第2回(https://yusb.net/man/1030.html

 

しかし、考え方はテクニックと違い、いつの時代も変わらないので、一度学んでしまえば、永遠にモテ続けることができます!

 

モテる技術よりもモテる思考について学びたい!って方にはオススメしたいです。

 

ギャグ漫画としても面白い!?

みなさんも一度は「マンガで分かる~~」的な本を読んだことがあると思います。
歴史本やビジネス本、技術本などは続々と漫画化されていますよね。

 

タメになると分かっていても、勉強本は手に取りにくいですよね。
それに比べてマンガは絵でイメージがつくので、気軽に読めます。

もしマンガを読んで、もっと深く勉強したいと思えば活字の本にステップアップするのもアリです。

勉強の第1歩としてマンガはオススメできます。

 

 

しかし、そういった勉強マンガって"漫画"としては退屈じゃないですか…?

ストーリーは単調だし、文字は多いし、キャラクターはありきたりだし。

 

少なくとも活字よりは読みやすくなっているし、勉強マンガに面白さを求めるなっていうのも分かります。

 

でもつまらないじゃん!?

楽しく読みたいじゃん!!?

 

 

その点、「モテるマンガ」は違います。

 

確かに勉強マンガの宿命か、文字数は多いです。
しかし、テンポよく話が進んでいくので、スラスラと内容が頭に入ってきます。
読んでいて苦じゃないです。

また、ぶっとんだ濃いキャラクターや勢いのあるギャグが読者飽きさせません。

 

f:id:yashikihomes:20171229172729j:plain

出典:モテるマンガ第2回(https://yusb.net/man/1030.html

 

5巻(最終巻)まで読みましたが、最後は衝撃の結末が待っています。

とりあえず無料公開分を読んでみて

書評にあるまじきぶん投げ方だけど、1話と2話が作者の公式HPで公開されているから読んでみてほしい!

語彙力のない僕の文章を読むより、実際に漫画を読んだ方が「モテるマンガ」の魅力が伝わるはず!!

 

yusb.net

 

 ということで、今回はモテるマンガについて紹介させていただきました。

ではまたー