やしきの屋敷

メーカー技術職の書く雑記。主にファッションと美容。

人のやる気は3ヶ月しかもたないのかもしれない

モチベーションってそんなに長くはもたないなぁって思った話です。

 

f:id:yashikihomes:20181217220717p:plain

 

英語学習を始めた

8月末くらいから英語の勉強をしていました。
会社の英語研修がきっかけだったんですけど、今まで大嫌いだった英語に一念奮起。

毎日少なくとも1時間。
できるだけ2時間以上TOEICの勉強をしていました。

 

なぜ英語嫌いだった僕が勉強をし始めたのか?
それは自分でもよく分かりませんが、英語ができない自分がコンプレックスだった気がします。

社会人として生き残っていくために漠然と英語力が必要だと感じていました。

 

しかし、僕はこれまで英語から逃げ続けてきました。
センター試験を除いて、極力英語が評価されないように立ち回りました。

おかげで僕の入社時のTOEICは340点です笑

 

ですが、社会人になると英語力が評価される場面も増えてきます。
大企業ともなれば国内だけでは成長が頭打ちとなり、いまやグローバル進出は当たり前です。

 

そうなると、今は英語ができなくてもいいけれど今後求められてくる。
また、転職するともなれば新卒のときと比べて英語力はより着目されるでしょう。

 

ということで、会社の英語研修を機に英語学習に本腰を入れていくことにしました。

 

 

 

英語学習の目的は?

社会人として英語が求められている!

転職するなら英語力が必要だぞ!

 

そんな風潮に感化されて、始めた英語学習(TOEIC)ですが、明確な目的はありませんでした。

 

目標はありましたよ?
TOEICは実力が数字で分かるので、とりあえずTOEIC600点を目指しました。

しかし、目的はなかったのです。

 

あくまでも英語はツール。
英語はできるようになっても使わなくては意味がありません。

 

英語を勉強する人はきっと

「海外で働きたい!」

「洋画を字幕なしで見たい!」

「海外の人と話したい!」

っていう明確な目的を持つ人が多いと思います。

 

TOEICにしても

「昇進のために600点必要だ」

「行きたい会社に入社するには800点なきゃ」

っていう英語を勉強する動機付けがあると思うんですよ。

 

 

しかし僕にはなかった。

海外出張、海外駐在がある会社なので勉強しておいて損はありませんが、それも先の話です。

海外旅行に行くとき英語ができればいいのに…って痛い思いをすることはありますが、それも毎日時間を割いてまで英語を勉強するほど強い動機にはなりません。

 

まあ、唯一あるとしたら

TOEIC800点あったらカッコいいしモテるかなぁ…

って感じですよ。

 

そんな感じで始めた英語学習でした。

 

モチベーションがあれば目的なんていらない

目的なんてなくてもやり始めてみれば意外と勉強は続きました。

英語の勉強も嫌じゃなかったし、やればやるほど力がついていく気がして勉強は楽しかったです。

 

自分も最初は3日坊主、続いても2週間が限界かと思いきや1ヶ月、2ヶ月と勉強は続けることができました。

 

そして勉強を始めて初のTOEIC公開テスト。

 

www.yashiki-homes.com

 

2ヶ月半という短い勉強期間だったけど、十二分の実力を発揮できました。

よくもまあ、2ヶ月半もモチベーションが保てたと我ながら感心しました。

 


ですが、その後…

 

飽きた

突然、英語に対するモチベがなくなってしまいました。
糸が突然切れたかのようにプツンッと途切れてしまいました。

せっかく習慣化してきた英語学習を辞めてしまうのはもったいないと思ったので最低限続けてはいますが、以前のようなやる気はどこにもありません。

 

決して英語の勉強が辛くなったわけではありません。
習慣化されているのでとりあえずは問題集を取り出します。

 

ただ、全然頭に入ってこないんですよ。
でも机には座って英文を眺めて続けていくのです。

 

 

 

飽きてしまいました

 

 

冷静に考えて、特別好きでもないことを毎日何時間も続けていくなんて無理じゃないですか?

だって好きなことだって毎日続けていたら飽きちゃうじゃないですか。
もちろん、一つのことに没頭し続けられる人もいると思いますが、僕は飽きっぽいので長続きしません。

 

子供のころ、どうしてもやりたくてサンタさんに頼んだポケモンのゲームだって毎日やれば3ヶ月も過ぎないうちに飽きて辞めてしまいます。

好きな漫画やアニメだって、最初は夢中に追いかけていくけど、後々は惰性で見続けていることが多かったです。

 

 

TOEICの勉強が逆に3ヶ月続いたのはTOEICのスコア上げることが楽しくて一時的にハマっていたのだと気づきました。

でも飽きてしまった今、英語の勉強に使っていた時間を他に使いたくなりました。

 

やる気に頼ってはいけない

やる気があることは素晴らしいことですが、やる気に頼るのは危険です。

 

だってやる気がないからって仕事をサボるわけにはいかないですよね?
仕事しなかったら生きていけませんもの。

 

人間だからときにはやる気がないときもあります。
でもやる気に関わらず、やらなくちゃいけないことはやらないといけないのです。


(まあ、多くのことがやらなくていいことばかりなので、やる気がないと続かないのですが。。。)

 

やる気がないのにやることはすごくエネルギーを使います。
それでもやるためには強い原動力となる目的が必要なのです。

 

 

僕にとって英語学習には目的がなかったので、3ヶ月で終わってしまいました。
このことから一つ分かったことがあります。

 

僕のやる気は3ヶ月しかもたないのかもしれない。

3ヶ月の壁を突き破るには、何か大きな目的が必要なのでしょうね…